みこと(尊):ハートワーカーたかし | 天然石shopアナンダライト23

2021/04/15 16:31

 本日、出来立てホヤホヤの電子書籍を販売致します。

 【電子書籍】タイトル:みこと(尊) 著者:ハートワーカーたかし

 元々、宗教とは、目で見える外界の自然現象や自然の摂理の中にある尊い存在を崇め祀ったのが宗教の始まりでした。

 例) 太陽神、月神、風神、雷神など。

 しかし、そういった中で人間を観察して見ると、人間側にも生存し得る尊い存在が居るのではないかと探求する様になり、息にその存在を見い出した者や、愛にその存在を見い出した者が現れ、その存在は自然界に見るその尊い存在と等価であると考え、内的探求を教え導き伝承して来たものが宗教となったのでした。

 これからご紹介する内的探求の仕方は、世界に広がる様々な宗教のそれと等価であると評価します。

 例) 仏教で言うならば息に集中した瞑想法で自己完成を目指します。ユダヤ教で言うならばカバラーの神秘主義です。キリスト教で言うならば愛を中心に祈りを行います。イスラム教で言うならば開祖ムハンマドが祈りをして天使からの啓示を受け取り信徒達が聖典クルアーン(コーラン)にまとめています。ヒンドゥー教ではヨーガをはじめとした調息法が一般的に有名です。

 この事から、本書籍でご紹介する内的探求の仕方は、先人の方々が太古の昔から行われ得た普遍的なやり方を、いわば集大成としてまとめたものに他(ほか)なりません。

 このやり方を日常語でご紹介してしまっては独自性が保たれないと判断した為、今回は特別に尊(みこと)言葉にてご紹介させて頂きたく存じます。では。仕(つかまつ)りまする。なりぃ。

 ※本書で紹介している内的探求の仕方は強制して行われる事を意図したものではございません。あなたの心地良いタイミングで心地よい時間に心地良いだけ行って頂けたらと思います。